Friday, December 8, 2017

"Most Evil Corporation of the Year" Awards Committee nominates NHK, eight companies



The committee announced this year’s nomination for awards for corporate malpractices on Nov. 27. They are Zeria Pharmaceutical Co., Inageya supermarket, Panasonic, Niigata Shimin Hospital and others, most of which have reported karoshi deaths over excess work. NHK, which is a public broadcasting corporation overseen by the Internal Affairs Ministry, reported a death of a 31-year-old reporter in July 2013. Next year, the cause of her death was confirmed a cardiac arrest due to long work hours, and the case was officially approved as a worker’s compensation issue. The investigation by her family showed her overtime hours before she died was 209 hours. NHK finally announced this karoshi case in October, but the bereaved family claims it is a “human error” due to management failure.
 The public voting for the awards is open until Dec. 22, and the announcement ceremony would be held on Dec. 23. (By M)
Photo: NHK Broadcasting Center 




31歳女性記者の過労死」NHKなど9社〜今年のブラック企業大賞ノミネート

1127日、厚労省記者クラブで今年のブラック企業大賞ノミネート企業が発表された。選ばれたのは、ゼリア新薬工業、いなげや、パナソニック、新潟市民病院、NHK、引越社、大成建設・三信建設、大和ハウス工業、ヤマト運輸など9社で、法を無視した長時間労働による過労死のケースが多い。NHKは、放送法に基づく公共放送で総務省が所管する外郭団体である。そこでは、20137月、当時31歳だった女性記者がうっ血性心不全で死亡する事件が起きた。2014年、女性の死因は長時間労働による過労が原因であるとして労災認定された。遺族側の調査では、亡くなる直前の残業時間は月209時間とされている。NHKは、今年10月になって、女性の過労死事件があったことをやっと公表したが、遺族は、NHKの労務管理に不備があったために過労死が発生したとして、「人災である」としている。27日よりウェブ投票が始まり、大賞および各賞の発表は1223日(土)に行われる。はたして、NHKは今回の「ブラック企業」関連ニュースを報道するのだろうか。(M

‘To work or not to work’〜Precariat Union puts out a comic book on labor



 
 Abenomics? Vibrant economy? Job hunters have the upper hand? Which society are we talking about? I am a member of the Employment Ice Age and not even benefitting from the “vibrant economy.” Every day I go to work at a factory as a temp and come home to my lonely apartment. I fall into my room packed with things, which I have thought to clean up almost every weekend but can’t seem to get to it due to extreme fatigue. In the comic book, there are so many situations described that I sympathize, but I see the status quo so severe I can hardly imagine. “If I stay home, utilities cost,” or “I wonder if a library is warmer.” The author looks around him and plants a seed of solidarity with a few co-workers. But by those who “want to work hard” and who “ want to be good” pluck the buds of solidarity. Looking at the competition of cheap labor, he wonders, “What are they trying to sell cheaply?” (By Ichihanahana) 



労働の本質を実感から鋭く~プレカリアート・コミック『働く、働かない、働けば』
アベノミクス? 好景気? 就活の売り手市場?
どこの世界の話だろう。著者はもうすぐ不惑の年を迎える就職氷河期世代。カギカッコ付きの好景気の恩恵に、かすりもしない。派遣で工場へ働きに行っては、誰もいないアパートの部屋に帰る毎日。心身共にすり減らして「今週末こそ片付けよう」と思いながら、モノが散乱する部屋の中に倒れこむ。同世代で、日雇で糊口をしのいだこともある私にとっては共感できる「あるある話」も多々あるが、想像を超える厳しい状況に著者が置かれていることも伝わってくる。「家で過ごすと電気代かかる」「図書館あったかいかな」。そして著者の視線は、身の回りの半径数メートルから、その先へと広がって行く。職場に一人や二人はいる「がんばりたい人」「優等生でいたい人」が団結の萌芽を摘むこと。労賃の安売り競争をしている派遣業者たちを見て「何を買い叩かれているんだろう」。(壱花花)