Tuesday, March 21, 2017

No problem with 100-hour overtime a month? Stop joking!

There have been discussions on regulating working hours. On February 28, 2017, Yomiuri Shimbun, the biggest circulation newspaper in the world, carried stunning comments of SAKAKIBARA Sadayuki, Chairperson of Keidanren, “Monthly overtime of 100 hours is pretty appropriate” and “An excessively strict limit of overtime possibly weakens international competitiveness of companies”. What is “appropriate” with 100-hour overtime a month? Is it justified to sacrifice life and health of workers in the name of “international competitiveness”? Aequitas, a grassroots movement for the minimum wage of 1,500 Japanese yen per hour, tweeted this Yomiuri article, leading to 616,000 impressions, a total number of engagements of 47,000, and 7,000 retweets in just four days. This strong criticism against the comments of the Keidanren chairperson has led to an emergency protest action in front of the Keidanren building. Your support is very highly appreciated. (Aequitas)

月100時間残業OK?ふざけるな!~3月7日 経団連前 緊急抗議行動へ

現在、働き方改革を巡っての労働時間規制の議論が進められていますが、2月28日付読売新聞朝刊で経団連榊原会長の「(残業時間)月100時間はまあ妥当な水準」「あまりに厳しい上限規制を設定すると、企業の国際競争力を低下させかねない」といった問題発言が掲載されました。月100時間の残業上限のどこが「まあまあ妥当な水準」なのでしょうか。「国際競争力」のためなら労働者の生命や健康が犠牲にされてもいいのでしょうか。 強い憤りを感じます。最低賃金1500円の実現を目指す市民運動 Aequitasのツィッターで、 この報道記事を取り上げたところ、わずか4日の間に、61万6000 インプレッション(当該 ツィートがユーザーに表示された総回数)、総エンゲージメント数47,000以上、リツィート数が7000をこえるなど、大きな批判の声があがっています。そこで、経団連榊原の会長の発言に抗議する、緊急抗議行動を経団連前で行うことにしました。どうぞよろしくお願いいたします。(エキタス)

No comments: